HIV 初期症状 体重減少

体重減少が治らない原因とは何でしょうか

食事する量の減少、エネルギー消費の増大、栄養分の吸収力低下の3つがあります。
ダイエット以外で、1年で10%以上か半年で5%以上の体重減少がある場合、もしくは、標準体重より20%以上も体重が減少した場合は、何か病気の可能性があります。

 

食事の量が減って体重が減少する場合は、悪性腫瘍、感染症、腎疾患、心疾患、消化器疾患、精神疾患、甲状腺機能亢進症、アジソン病などの内分泌系疾患が考えられます。高齢者では、認知症や味覚・嗅覚の異常なども原因となります。

 

食事量が増加しているのに体重が減少する場合は、糖尿病、甲状腺機能亢進症などがあります。

 

精神的なストレスが続くと、消化吸収を促進する副交感神経の働きが抑えられて食欲を感じなくなります。ストレスが原因で胃炎や胃潰瘍になります。また慢性的な下痢が起こる場合も多いです。食事する量が減ったり、栄養分の消化吸収力が低下して体重が減少します。

 

体重減少の原因となる主な病気とは

神経性食欲不振症(拒食症)は、肥満に対する恐怖心から自分で極度のカロリー制限をして、体重が減少していきます。不整脈を起こして、突然死することもあります。

 

糖尿病は、血糖値が慢性的に高い状態になる生活習慣病です。日本には予備軍を含めて1000万人以上もいます。

 

バセドウ病(甲状腺機能亢進症)は、甲状腺ホルモンが過剰に分泌される疾患です。食欲があってたくさん食べているにも関わらず、体重減少があります。

 

慢性胃炎、十二指腸潰瘍は、胃痛や胃もたれ、吐き気、食欲不振などの症状により食事の量が低下していき、体重が減少します。

 

潰瘍性大腸炎は、大腸の粘膜に潰瘍やただれができる炎症です。長期間下痢が続くため、体重が減少します。

 

吸収不良症候群は、体に必要な栄養素と水を吸収できない障害で、体重減少になります。

 

胃ガンは、塩分の過剰摂取、ピロリ菌が関与しているとされ、食欲不振から体重が減少します。

 

肺結核は、微熱などの症状が2週間以上続くと同時に、食欲不振や倦怠感、体重が減少します。

 

うつ病は、食欲も減退していき、食事の量が低下して体重減少になります。

 

アジソン病(慢性副腎皮質機能低下症)は、疲労感、食欲不振、体重が減少します。

 

膠原病は、いろいろな症状があり、動悸、息切れ、手足のむくれ、シビレ、腫れ、眩暈、微熱、体重減少などがあります。

 

ウイルス感染により食欲減退から体重減少になります。インフルエンザウイルス、ウイルス性胃腸炎(ヒトアデノウイルス、ノロウイルス、ロタウイルス)、HIV(エイズウイルス)などがあります。

 

HIV(エイズウイルス)感染者が増えています。

HIV感染者との性行為で感染します。コンドームなしの性行為が過去に一度でもあれば、念のためにHIV検査をお勧めします。HIVに感染しても5年、10年は普通に生活ができます。この潜伏期間中にコンドームなしの性行為をすれば、相手を感染させる危険があります。 近年は2,3年でエイズを発症する人が増えており、エイズウイルスが強力になってきています。

 

長い年月をかけて免疫力をジワジワと低下させていき、エイズを発症することになります。エイズを発症する前に、インフルエンザを慢性化、重症化させた症状や皮膚の発疹、意識障害などが出現するようになります。発熱、下痢や体重減少の症状が多いです。

 

 これまでに1度もHIV検査を受けたことがなければ、健康診断をお勧めします。

 

【あなたはどう?】クラミジア・エイズ・淋菌・梅毒・・・

心配なまま放っておくのは一番良くありません。

そんな時は ◆性病検査 STDチェッカー◆ !!

自宅でカンタン、匿名検査。

結果はセキュリティサイトで確認、プライバシー対策万全です!