HIV 初期症状 全身倦怠感

全身倦怠感・疲労感の症状が長引く、慢性化する、重症化するのは要注意。

全身倦怠感・疲労感が治らない原因とは何でしょうか

全身の倦怠感は、ビタミン、ミネラルなどの栄養不足、身体の疲労の蓄積、精神的ストレス、免疫力の低下があります。休養しても回復しない場合は、重大な病気が潜んでいることもありますので注意が必要です。自己判断はしないで、病院で診察を受けて、早期治療をお勧めします。

 

貧血、風邪、インフルエンザ、急性肝炎、更年期障害、睡眠時無呼吸症候群、うつ病、慢性疲労症候群、ビタミンB1欠乏症、HIV(エイズウイルス)などのウイルス感染症が原因です。

 

慢性疲労症候群で見られる全身の倦怠感、疲労感は深刻なものです。
ストレスがある時に症状が悪くなりやすく、うつ病の症状と重なる部分があります。しかし、風邪などのウイルス感染をきっかけに発症することが多く、全身倦怠感の他にも、記憶力、集中力の低下、筋肉痛、関節痛、のどの痛み、微熱、首やわきの下のリンパ節の腫れ、睡眠障害、頭痛などがあります。ストレスによる免疫力の低下が要因として考えられています。階段の上り下りや買い物で寝込むくらい、全身の倦怠感・疲労感が6ヶ月以上も続きます。

 

HIV(エイズウイルス)感染者との性行為により、HIVに感染します。

HIVは何年もかけてジワジワと免疫力を低下させていきます。HIVに感染したとき、2から8週くらいにインフルエンザに似た症状や全身の倦怠感、疲労感があります。感染者の全員ではありません。

 

潜伏期間は個人差があり、1年から10年以上にあります。この潜伏期間は目立った症状もなく、普通に生活ができます。ジワジワと免疫力を低下させていきます。また、性行為の相手を感染させてしまいます。

 

エイズを発症する前になれば、インフルエンザを悪化させたような症状が出現するようになります。発熱、下痢、寝汗、体重減少、頭痛、リンパ節の腫れ、咳、発疹などが、繰り返す、慢性化する、重症化していきます。エイズを発症する前に治療を開始すれば、普通の生活ができます。

 

 コンドームなしの性行為が過去に1度でもあれば、念のためにHIV検査をお勧めします。

 

【あなたはどう?】クラミジア・エイズ・淋菌・梅毒・・・

心配なまま放っておくのは一番良くありません。

そんな時は ◆性病検査 STDチェッカー◆ !!

自宅でカンタン、匿名検査。

結果はセキュリティサイトで確認、プライバシー対策万全です!