HIV 初期症状 陰性

HIVの初期症状はでない人も多く、早く検査で陰性か陽性を調べましょう。

HIVとは免疫力を破壊していくウイルスです。

HIV(エイズウイルス)は人の体内に侵入してしまえば、
白血球のリンパ球にある免疫細胞を次々に破壊していきます。

 

何もしないで放置をしたままでいると、数年から10年以上をかけて
免疫機能を破壊していき、最終的には免疫不全の状態になります。

 

体外の細菌やウイルスから身体を守る必要があります。
無菌室の中で生活したとしたらどうでしょうか。

 

しかし、実は体内にもカンジタやアクネ菌という常在菌がいます。
おたふく風邪のヘルペスウイルスなども体内に残っています。

 

こういった体内の菌やウイルスも免疫力が無くなれば暴れだすようになります。

 

つまり、普通の健康な人では発症しないような感染症に罹るようになります。
これがエイズ(AIDS)です。23種類の疾患が当てはまります。

 

エイズを発症した後に治療が遅れれば、今でも”死の病”になってしまいます。

 

HIVに感染したことを検査してみて、感染している(陽性)か、感染していない(陰性)を
早く確認する必要があります。

 

もし、HIV検査(血液検査)をして陽性である場合は、
HIVウイルスを減らして免疫力を回復させる治療をしない限りは、エイズを発症してしまいます。

 

HIVウイルスを極限まで追い込むことは出来るようになりました。
しかし、今の医療技術ではHIVウイルスを完全に体外に追い出すことはできません。

 

抗HIV治療薬を生涯飲み続けることにはなります。
HIVに感染することで寿命が短くなることはありません。
治療薬でHIV感染症をコントロールすることができます。

 

HIV感染症は早期発見できれば、何も恐れる病気ではなくなりました。
しかし、エイズを発症した後でHIV感染が発覚するケースが多いです。

 

HIVの初期症状かもしれないと気付きにくいです

HIV感染は初期症状が出ない人も多いため気付きにくいです。

 

HIVに感染して数年後にエイズを発症させる直前まで自覚症状が無い人もいます。

 

「HIVの初期症状かもしれない」、と感じさせる症状は、インフルエンザに似た症状です。

 

HIVもウイルスですので、ウイルス感染症の症状になります。

 

韓国で大流行しているMERSやエボラ出血熱も、当初はインフルエンザに似た症状です。

 

血液検査をしてみなければ感染は確定できません。

 

HIVの初期症状は数日から2週間以内には軽快します。
それから数年間は何事もなかったように普通に生活ができますが、
HIVウイルスは体内で増殖を続けます。

 

HIVウイルスはコンドームをしなかった性行為で感染します。
飛沫感染は絶対にあり得ませんから、避けられる感染症です。

 

無防備な行為が過去に一度でも会った場合は、
HIVの初期症状があった、無かったに関係なく、
必ずHIV検査を受けて陰性か陽性を確認するようにすれば、早期発見に繋がります。

 

【あなたはどう?】クラミジア・エイズ・淋菌・梅毒・・・

心配なまま放っておくのは一番良くありません。

そんな時は ◆性病検査 STDチェッカー◆ !!

自宅でカンタン、匿名検査。

結果はセキュリティサイトで確認、プライバシー対策万全です!