HIV 初期症状 情報

HIV初期症状に関わる情報を調べるキッカケって何ですか

少しでも不安があれば、HIV検査を受けたほうが解消できます

HIV初期症状やHIV検査について、
ネットで情報を調べるキッカケはさまざまです。

 

最近、まだ付き合いの浅い相手と性行為があったが、
コンドームは付けなかった。

 

去年、いやもっと前かもしれないが、
コンドームを付けないで行為をした。

 

海外旅行でハメをはずして現地の風俗で遊んだ。

 

旅行先で雰囲気のある人と、
お酒の勢いもあって性行為をした。

 

彼氏や彼女からHIV感染症であることを告白された。

 

友人・知人からHIV検査を受けたことを聞いて自分も不安になった。

 

感染の可能性がある行為から数週間が経過したのちに、
風邪を引いたことが気になっている。

 

出会い系や風俗で遊ぶのが好きで、
不特定多数の相手と性行為をすることが多い。

 

コンドームなしの性行為は、HIV以外にも梅毒や、クラミジア、淋病など、
さまざまな性感染症に感染するリスクがあります。

 

無防備な性行為があったときは、自覚症状がない場合でも
性感染症の検査を受けておいた方が安心できます。

 

HIV感染の初期症状は、何も出ない場合が多いとされています。

 

HIV初期症状はわかりにくく、早期発見できていません

HIVの初期症状が出る場合は、発熱や鼻水、咳、喉の痛み、倦怠感、関節痛、
頭痛、口内炎、リンパが腫れる、蕁麻疹(じんましん)のような発疹がでるなどです。

 

これらの症状がすべて、出現するわけではありません。

 

半数以上の感染者には何の自覚症状もありません。

 

結局、病院に行っても、症状ではわからないことになります。
風邪薬を貰って帰ることになるでしょう

 

一番多いのは、HIV検査を受けるべき人が受けないで、
エイズ(免疫不全)になって病院に緊急搬送されてきたり、
他の病気がきっかけでHIV感染が発覚しています。

 

若い人の病気と思われがちですが、
中高年や高齢者が感染していることも珍しいことではないようです。

 

性行為は若い人だけがおこなう行為ではありません。
健康であれば年齢には関係がありません。

 

加齢になるほど、予防が疎かになっている指摘があるくらいです。

 

HIV初期症状がなくても検査を受けたい

HIV検査を受けたいけど、なかなか勇気がでない理由とは何でしょう。
偏見や間違った情報を鵜呑みにしていないでしょうか。

 

HIV感染症とAIDS(免疫不全)とは別の病気です。

 

HIV(エイズウイルス)に感染するだけなら、
抗HIV薬を毎日飲み続けることで、
生活の質を落とさずに普通に生活が出来ます。

 

糖尿病患者と同じく、毎日、決められた時間に
1,2錠のカプセルを服用するだけです。

 

もしかしたら、HIVとAIDSを混同して考えているかもしれません。

 

AIDSを発症させてしまった方々は、
検査を受けるキッカケがなかったことになります。

 

HIVの初期症状について情報収集をされて、
検査を受けるか悩んでいる場合は、
今、まさに検査を受けるキッカケになります。

 

【あなたはどう?】クラミジア・エイズ・淋菌・梅毒・・・

心配なまま放っておくのは一番良くありません。

そんな時は ◆性病検査 STDチェッカー◆ !!

自宅でカンタン、匿名検査。

結果はセキュリティサイトで確認、プライバシー対策万全です!