HIV 初期症状

脂漏性湿疹の原因とは何でしょうか

脂漏性湿疹(脂漏性皮膚炎)は、皮脂腺が発達した皮脂の分泌の多い部分に発症します。頭皮、顔面、胸、背中などに出来やすいです。頭皮にフケが溜まりやすい人や、皮脂分泌が多い人は気を付けましょう。きちんと治療しないと、慢性化したり、再発しやすいです。皮膚の免疫力が低下することにより、皮膚に常在している真菌(マラセチア属真菌)が暴れだして悪さをします。

 

洗顔不足、シャンプーの洗い過ぎ、すすぎ不足。
ストレス・睡眠不足、感染症による免疫低下。
ホルモンバランスの乱れ。
食生活の乱れ・栄養不足(特にビタミン不足)

 

脂漏性湿疹の症状とは

脂漏性皮膚炎は炎症を起こして地肌が赤くなり、痒み(かゆみ)を伴います。皮膚が荒れてかさつき、細かく剥がれ落ちる状態になることも少なくありません。

 

頭皮に症状が起こると、フケがたくさん出るようにもなります。脂っぽいフケや皮膚の赤み(紅斑)があります。

 

顔や鼻の周囲などに脂っぽい薄いかさぶたのようなものを伴った紅斑が見られます。胸や背中の中央部、わきの下、陰部などにも生じることがあります。かゆみのの程度は、個人差があります。

 

炎症による赤らみ、かゆみ、皮膚のかさつきをくり返す場合は、脂漏性皮膚炎を疑ってみてください。

 

HIVに感染したときも脂漏性湿疹が出現することがあります。

HIVに感染したときも、免疫力低下により、脂漏性湿疹はよく出現する症状です。顔面に出現することが多く、症状はだんだん酷くなり、治りにくいのが特徴です。脂漏性湿疹で皮膚科を診察して、HIVに感染しているのが見つかっています。

 

コンドームなしの性行為が過去に1度でもあれば、HIV検査をお勧めします。

 

【あなたはどう?】クラミジア・エイズ・淋菌・梅毒・・・

心配なまま放っておくのは一番良くありません。

そんな時は ◆性病検査 STDチェッカー◆ !!

自宅でカンタン、匿名検査。

結果はセキュリティサイトで確認、プライバシー対策万全です!